クロダイ

黒鯛(チヌ)です
スズキ目、タイ科
琉球列島・伊豆諸島を除く北海道南部以南に分布(防波堤・磯・浜・沖・河口)
周年(特に春〜初夏、初秋〜初冬が好期)
地方名では、カイズ・チンチン・チヌ・カワダイ・チンなど
漢字は、黒鯛
海釣りの中では最も人気の高い対象魚。
体形は典型的なタイ型、体色は銀灰色。
幼魚時代には、6〜7本の横縞があるが、成長につれて縞は薄れていく。
沿岸魚で、北限は北海道・積丹半島。
主に水深50mより浅い海に生息し、海岸の礒根、河口部の捨石周り、
沖合いの漁礁など、いずれも寄り付きのある所にすむ。
幼魚ほど塩分濃度の低い内湾や河口などの汽水域にいる傾向が強く、
また5〜20尾ほどの群れで行動することが多いが、成長するにつれて、
単独行動をとるようになる。
礒でのウキ釣り、防波堤での落とし込み釣りが一般的に普及している。
全長は、25〜50cm前後で70cmくらいの超大型が釣れたこともある。
満一年で全長約12cm、二年で約19cm、三年で約23cm、四年で約28cm
に達する。産卵期は3〜7月で、この時期に荒食いすることが多い。
カニ・エビなどの甲殻類、ウニ類、貝類などを主食にしている。
視覚もよく発達し、警戒心も強い。しかし、その割に好奇心の強い悪食家で、
地方によっては、スイカやサツマイモ、メロンやミカンまでエサとして使用される。
生態的に謎を秘めていて、雄から雌へ性転換する。
料理
住んでいる場所によって、味の差がある。
内湾の奥のものは泥臭いし、荒礒のものは礒臭い。
ただし、他魚ほど強いニオイはなく、肉だけ見ればマダイと大差がない。
おいしく食べるには、鮮度が肝心で、生きている間に血抜きをしてシメること!
(シメないと、臭味が出てくる)
活き造りはもちろんおいしいが、鮮度のよいものは、アライや刺身がいい!
中型は、お頭付きの塩焼き!遠火でじっくり焼き上げる。
小型は、やっぱり煮付けでしょう!