カワハギ

カワハギでしゅ!
フグ目、モンガラカワハギ亜目、カワハギ科
本州以南(防波堤・磯・沖)
周年つれますが、船釣りでは秋〜冬が好期
地方名では、ゲンパ・スブタ・バクチウチ・ハゲなど
漢字は、皮剥
エサ取りがうまく「エサ泥棒」の異名を持つ。
全長20〜30cm 体表はザラザラしたヤスリのような
表皮で覆われ、名前の通り簡単に剥ぐことができる。
関東では船やボートで狙い、エサはアサリのムキ身で
かなり熱中する釣りです。
地方では、ギャングバリが一般的です。
料理
頭の剣を落とし、目と胴の間に包丁を入れ、そのまま
包丁で頭を押さえて、胴を引き、頭に内蔵をつけたまま
はずします。
肝と真子は残して使います。(湯通ししてすぐ冷まし水を切る)
肉は白身で締まりがあり、クセがなく美味。
新鮮な薄造りはフグに匹敵する?と言う人もいます。
加熱すると肉離れが良く、煮物・蒸しもの・ちり鍋など最適!
肝はポン酢じょうゆで食べます。(刺身につけてもおいしい)
煮込む場合は、肝と真子も一緒に煮込みます。
100gのカロリー:約80kcal