ハオコゼ

ハオコゼです!
ハオコゼ科
本州中部以南に生息(浜・防波堤・磯・沖(浅場))
周年
地方名では、イラオコゼ・ハオコシ・ハチオコゼなど
根周りのシロギス釣りや小アジ釣り、あるいは磯の
小物釣りなどの外道として針に掛かることのある
危険な小魚!
普通は全長10cm足らずの大きさで、一見小型の
カサゴのようで、全体が赤っぽくなかなか美しいが、
背ビレの前半部に毒腺のある鋭いトゲが何本も
並んでいる。うっかり刺されると、たちまちその部分が
腫れ上がって激しく痛み、紫色に変色する。
絶対に素手でつかんだりしないように注意が必要!
沿岸性の種類で、特に内湾の海藻の多い浅い岩礁帯
を好んで生息し、海藻の茂みに群がっていたりする。
普通は食べない!