ヒイラギ

ヒイラギです!
ヒイラギ科
本州中部以南(浜・防波堤・沖(浅場)・河口)
地方名では、ギチ・ギラ・ネコナカセ・ニイラギ・ジンダなど
アジの仲間に近い暖海性の魚。
樹木のヒイラギの葉のように平たくてトゲのあることから、
この名がつけられたという。
内湾や内海の底層を好んで住み、小さな群れを作って
活発に泳ぎ回りながら、エビ、イソメ、ゴカイなどの小動物を
伸び出る口で捕食し、しばしば河口域にも入るなど、
習性はシロギスとよく似ている。
シロギスに混じって釣れることが多く、外道として嫌う人も
いるが、かなり味のよい魚です。
体表のヌメリは、食塩をふりかけて水洗いすれば簡単に
とれます。
背ビレや尻ビレの鋭いトゲには注意のこと!
全長15cmほどになります。
煮魚や南蛮漬けに最適です!